乳児期の間で手掴み食べが大切な理由

0歳児の食事では、初期・中期・後期・完了食と子どもの発達に合わせて子どものに食事を与えています。

離乳食では大切な事が沢山ありますが、今回は手掴み食べについて解説していきたいと思います。

中期・後期になると形のある食材になります。その時大人がスプーンであげる事があると思います。そのほうが丁寧な保育・子育てをしていると実感するからです。

しかし、実際子どもの発達になると必要のない行為になります。(子どもの発達や成長が遅れている場合は支援が必要です)

スプーンであげると決まった量しか口に入らないので、自分の口の中にどれぐらいの量が入るのかわかりません。

分からないまま育つと詰め込んでしまったり、よく噛まず飲み込むということが起きます。

離乳食の時から自分で掴んで食べていると、口に入る量が分かるようになったり、咀嚼もするようになります。

なので、離乳食から手掴み食べを行っていくことが重要です。

もちろん、いっぱいこぼしてお掃除が大変になりますが、子どもの発達が大切なので、大変ですけど手掴み食べを実践してください。

上部へスクロール